Share This Post

トップ / ベトナム人の反応 / 事件・犯罪 / 注目

【千葉女児殺害】リンさんの遺族が死刑求刑のため署名活動を開始

【千葉女児殺害】リンさんの遺族が死刑求刑のため署名活動を開始

千葉県我孫子市で同県松戸市に住むベトナム国籍で当時小学3年だったレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件で、リンさんの通った小学校の元保護者会長で不動産賃貸業、渋谷恭正容疑者(46)=同県松戸市六実=が逮捕された事件に関連して、リンさんの父親であるレェ・アイン・ハオさんが「りんちゃんのため」というブログ形式のホームページを開設し、極刑を求めるための署名活動を呼び掛けた。

署名活動そのものは既にFacebookを通してベトナム人を中心に始まっており、既に国内外から多くの署名が集まっているという。

*署名についての詳細は、記事の最後、もしくはレェ・アイン・ハオさんのブログページを参照ください。

私はレェ ティ ニャット リンの父です。

澁谷恭正疑者は、2017年3月24日、リンちゃんに対し誘拐、強制わいせつ致死、殺人、遺体遺棄等の残虐かつ卑劣な犯罪を犯し家族は深い悲しみと、憎悪がとめどなくあふれております。

2017年5月26日、千葉地方検察庁  検察官に澁谷恭正容疑者に対して起訴しました。
澁谷恭正容疑者に対する、極刑〈死刑〉を、求める署名を宜しくお願い致します。

リンちゃんを殺害した者が死刑しないとリンちゃんが天国へ行けないです。

皆さん、リンちゃんが死ぬ前にどれだけ辛い思いをしたのか、想像をしてみてください。
もし、あの叫ぶような泣き声、絶望にありながらも助けを求めるあの声を感じることができるならば。死刑の書名簿に記入してくれませんか。

http://partime.biz/

既に多くのベトナム人が署名に参加している

既に多くのベトナム人が署名に参加している

一方、母親のグエン・ティ・グエンさんはここ数週間、ほぼ毎日Facebookのタイムラインを更新し、亡き娘に対する思いを綴っている。犯人に対する直接的な憎しみの言葉はあまり見られないながらも、娘を殺害した重すぎる罪に値する量刑、つまり極刑を望んでおり、今回の署名への参加も呼び掛けている。というのも、日本での過去の判例から、一人を殺しただけでは死刑にならない可能性があることを知っているからだ。

実際には過去に遺族が約5年間に渡り33万もの署名をもらいながら、二審判決の無期懲役(一審では死刑)が覆らなかったという前例もある。(⇒磯谷利恵さん

グエン・ティ・グエンさんがFacebookを更新する度、何千、何万ものベトナム人が閲覧し、コメントを寄せている。多くのベトナム人が、日本の裁判所を信頼し、死刑判決を出すと信じている。

しかし、日本の死刑判決に関する現状を知ったベトナム人からは、日本の法律と過去の判決に信じられないといった反応もまた多くあった。

果たして、日本の司法は遺された家族、そして日本・ベトナム両国民の気持ちにどう応えるのだろうか。

日本とベトナムを繋ぐ架け橋になりたいと、幼いながらも将来の夢を語っていたというリンちゃん。どのような結果になろうと、リンちゃんが日越の架け橋として輝き続ける未来になっていること願うばかりだ。

署名簿について
12月26日まで(必着)に下記集約先までお送りください。年齢制限はありません。
署名は自筆で署名いただき原本を送付ください。住所は番地まですべてお書きください。
賛同者名簿を添えて[千葉地方検察庁]に提出する予定です。
この署名簿は、個人情報保護法に基づき、他の目的には使用しません。

署名の記入フォーム(PDF)

問合せ先
名前 : レェ アイン ハオ
住所 : 〒270-2240 千葉県松戸市六実3−3−1 六実郵便局留め
メール: lethinhatlinhjp@gmail.com

ホームページ:http://partime.biz|リンちゃんのため

Share This Post

返信する

メールアドレスは公開されません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>